《「助成金」とは》

 

雇用関係助成金は、働く環境整備の取り組みに対して支給されます。

 

メリットとして・・・

 

 ・返済不要

 ・働きやすい職場づくりが進む

 

離職率の低下やモチベーションアップなど働きやすい職場環境を整備したいとお考えの方は、是非、ご検討ください。

 

ただし、申請手続きには色々な条件や書類の作成・整備が必要です。

これらは、結構な手間と時間を要します。

 

そこで、面倒な手続きは、「社会保険労務士」に任せてみませんか?

助成金の手続きを代行できるのは、「社会保険労務士」だけです。

《助成金手続き代行の流れ》

①お打合せ

 ・事業内容や事業主様の意向を踏まえ、受給できる助成金を検討します。

 

②助成金手続き代行のご契約

 ・事業主様と手続き代行に関する契約を締結します。

 

③申請書類の作成・提出

 ・当事務所にて提出書類を作成し提出します。

  (賃金台帳などの事業所にある書類をご提供いただきます)

 

④提出先機関による審査

 ・提出した書類について行政機関にて支給についての審査が行われます。

 

⑤支給決定

 ・審査の結果、支給が決定し助成金が振り込まれます。

《助成金情報》

「キャリアアップ助成金」

(正社員化コース)

 

有期契約社員を正社員に転換する

 

1名につき最大72万円

「65歳超雇用推進助成金」

(高年齢者無期雇用転換コース)

 

50歳~定年前の有期契約社員を無期雇用に転換する

1名につき最大60万円


「職場意識改善助成金」

(勤務間インターバル導入コース)

 

終業~始業まで、9時間以上のインターバルを設定

制度導入で最大50万円

「人事評価改善等助成金」

 

 

賃金制度と連動する人事評価制度を導入する

最大130万円


「特定求職者雇用開発助成金」

 

 

母子家庭の母や60歳以上65歳未満の高齢者などを雇用する 

1人につき最大60万円

「両立支援等助成金」

(育児休業等支援コース)

 

「育休復帰支援プラン」を作成し、育休取得、職場復帰する

最大96万円