《業務内容》

  ※表の中の文字をクリックすると該当箇所にジャンプします。

◎労働・社会保険の手続き

  労働保険(労災保険、雇用保険)・社会保険(健康保険、厚生年金)の手続きは意外と沢山

 あります。次のような場面では、それぞれ手続きが必要になります。

   ・入社、退職

   ・結婚による氏名変更

   ・扶養家族の増加、減少

 どの書類をどう作成して、いつまでに提出するかなど、その手続きは意外と面倒な業務です。

 また、法改正や料率の変更などが毎年のようにあり、その対応には気を遣います。

 

 このような手続きを社会保険労務士に任せて、 業務効率化を図ってはいかがでしょう。

 

 

◎給与計算業務

 従業員のみなさんにとって大切な「給与」。

 間違えずに毎月計算するのは、気を遣う大変な業務です。

 法改正や保険料率改定などの変更に、適切に対応するのは意外と手間が掛かります。

 

 このような業務は、アウトソーシングして、本業に集中できるようにしませんか?

 当オフィスでは、豊富な実務経験に基づき適切に対応いたします。

 

 

◎人事労務の相談

 「残業代未払い」、「パワハラ」など労務トラブルを報道などで目にする機会が増えています。

 トラブルが起きた時はもちろんですが、事前に予防策を講じることがとても大切です。

 

 最近の法改正などにも対応し、事業所の現状に合わせたトラブル予防のご提案をいたします。

 

 

◎就業規則の作成・変更

 「就業規則」は、経営者と従業員のルールブックです。

 作成提出義務のない10人未満の事業所でも作成することをおススメしています。

 しかし、作成していても法改正などに合わせて見直しを適切に行うのは難しいものです。

 

   ・ネットのひな型をそのまま使っている

   ・作ってから5~6年変更していない

 

 このような場合、思わぬ労務トラブルに巻き込まれる可能性があります。

 まだ作成されていない方はもちろん、作成している方は、是非、見直しをおすすめします。

 

 

  

◎メンタルヘルスサポート

 メンタルヘルスの問題は、今や重要な経営課題のひとつとなっています。

 当事務所の代表は「産業カウンセラー」資格も保有していますので、事業所内の体制構築から

 従業員の相談対応まで、専門知識を活用してサポートします。

 <サポート内容>

  ・従業員への相談対応(カウンセリング)

  ・メンタルヘルスの外部相談窓口対応

  ・メンタルヘルス対応に関する事業所へのアドバイス

 

  ※「産業カウンセラー」:一般社団法人日本産業カウンセラー協会が認定するカウンセラー

              資格です。